在日本大韓民国民団(韓国民団)は、1946年10月3日、東京・日比谷公会堂で「在日本朝鮮居留民団」として創立されました。
民団の半世紀は、在日同胞の法的地位確立と民生安定、文化向上、国際親善と祖国の発展、平和統一の実現を方針に掲げ、数多くの運動・事業を総力で展開し、実績を上げてきた歴史と言えます。

今日、在日同法と祖国を取り巻く情勢は、創団時に比べて大きく変化し、民団の構成員も2010年12月現在、約8万5000世帯、34万2000人、48地方本部、283支部、117分団、1367班を擁する生活者団体へと成長してきました。祖国愛と同胞愛、そして民団を思う1世の「血と汗と涙の結晶」が根底にあることは言うまでもありません。
その一方で、21世紀の到来とともに本格的な2・3世時代を迎え、民団は多様化するニーズに積極的に対応するために、不断の組織改革も怠りませんでした。
1994年の第44回定期中央大会で名称を「在日本大韓民国居留民団」から「居留」の二文字を削除するとともに、日本定住を鮮明に打ち出し、地方参政権獲得を運動の柱に掲げました。
1世から、4世、5世へと世代は変わっても、今後とも民団は「在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体」として、在日同胞と苦楽をともにし、「在日同胞のふるさと」にふさわしい様々な活動を展開していきます。

 

◆我々は、大韓民国の国是具現を期する
◆我々は、在日同胞の人権擁護を期する
◆我々は、在日同胞の経済発展を期する
◆我々は、在日同胞の文化振興を期する
◆我々は、日本地域社会の発展を期する
◆我々は、世界平和と国際親善を期する

春日井市は名古屋ベットタウンとして1950年代後半に入り、土地区画整理事業や、高蔵寺ニュータウンの建設が始まり、住宅都市としての性格が強まり、人口が増加しました。

それまで春日井支部は東中支部に所属しており在日同胞の人口の増加に伴い1969年5月16日分離独立する形で結成された。結成から遡ること1967年、東中支部に所属していた春日井、小牧の同胞有志で春日井親睦会が結成され、支部結成の動きが始まり、事実上親睦会が「支部結成準備委員会」として機能をはっきすることとなりました。

【春日井市】

  •  総人口 309,272人
  •  外国人登録者数 5,725人
  •  外国人の世帯数 2,887世帯
  •  韓国籍登録者数 1,941人
  •  朝鮮籍登録者数 259人

【小牧市】

  • 総人口 153,328人
  • 外国人登録者数 7,312人
  • 外国人の世帯数 3,745世帯
  • 韓国・朝鮮籍登録者数 538人

【公共交通機関ご利用】

名鉄バス 春日井市民病院より徒歩5分

当ホームページのQR-Code

訪問者数

カウンター カウンター

〒486-0804

春日井市鷹来町上東光坊4663-3

TEL.0568-81-4508

FAX.0568-81-4565

受付.9:00~17:30

 法人向け電気料金削減のご案内です。

JR春日井駅から名鉄バスで12分 春日井市民病院下車

春日井市民病院経由桃花台東 行き

春日井駅名鉄バス時刻表(休日ダイヤ)